SSCC通信

2012年9月

  • さて!いよいよ始まりました、湘南国際マラソンのボランティア準備会!
    9月22日は大磯中学校にて、23日は茅ケ崎コミュニティホールにて開催され、計約600名のボランティアの皆さまにお集まりいただきました。
    開会の挨拶、基本ガイダンスを行い、業務別の分科会に入ります。この分科会では、実際に当日一緒に活動して頂くボランティア、ボランティアリーダー、ボランティアチーフが一堂に会し、細かな地域別の特徴や注意点などを話しました。

    大磯中学校にて
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    茅ヶ崎コミュニティホールにて
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    大磯にお集まりいただきました皆さま、初回ということもあり、拙い点もあったかと思います。ご協力くださり、ありがとうございました。茅ケ崎にお集まりいただきました皆さま、足元の悪い中、どうもありがとうございました。
    今後、平塚市民センター、平塚ラスカ、藤沢市民会館と準備会が続きます。事務局、スタッフ一同、皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。皆さまお忙しいとは思いますが、湘南国際マラソンをより良いマラソン大会にするため、どうぞご協力をお願い致します。

  • 9/16(日)、京都府京丹後市において第12回歴史街道丹後100kmウルトラマラソンが開催されました!

    京丹後市は、鳴き砂の浜で有名な「琴引き浜」や、国の自然公園に指定されている丹後松島、立岩、夕日ヶ浦、久美浜湾などを有する風光明媚な海岸線など、海や山の豊かな自然環境にも恵まれています。そんな自然・歴史を感じながら走るこの大会は、大変起伏に富んだ過酷なコースですが、昨年100kmのコースが日本陸連長距離競走路の公認を受けました。
    100kmの部、スタートは午前4時30分。まだまだ暗い中、ゲストの猫ひろしさんの号砲と共に1,838名のランナーが、大会会場であるアミティ丹後より走り出しました。
    続く60kmの部のスタートは午前9時。878名のランナーが久美浜カヌー庫より走り出しました。
    この日の最高気温は32.1℃!ランナーにはなんとも過酷な炎天下でのウルトラマラソン。
    地元のボランティアの皆さんと一緒に精一杯ランナーを励ましてきました!


    参加特典の封入作業


    大会会場 アミティ丹後


    前日受付


    荷物置場

     
     
     
     
    浅茂川エイド

    60kmや100kmという超長距離。やっと完走できた感動、涙のリタイア、リベンジの決意など、それぞれのドラマがありますね。
     

     

     

     
    この感動を是非、来年も!!

  • こんばんは。
    夜遅くに更新です。

    ボランティアリーダー研修会も終わり、明日から丹後ウルトラマラソンに行って参ります。
    京都の皆様!お会いできるが楽しみです!

    ・・・とその前に!
    只今湘南国際マラソンのボランティアハンドブックを作成中です。
    そして新アイテムのあれも作成中!!!
    一般ボランティア準備会でみなさまに初の御披露目です。

    準備会の案内は御手元に届いていますか??

    そして・・・本日の深夜のお供はこれ!!

    SSCCは別名相撲部屋とも言われております・・・笑

    久家リーダーのリバウンドが心配な西海よりみなさまに深夜の御便りでした。

  • みなさんこんにちは。
    湘南国際マラソンまであと54日!いかがお過ごしでしょうか?

    9月8日、平塚商工会議所にてボランティアリーダー研修会が開催されました。
    この日は、前回8月24日のリーダー研修会に参加できなかった方が対象でしたが、
    48名のボランティアリーダー・ボランティアチーフの方々、さらにブロック長の方々と事務局員、合計75名が一堂に会しました。

    本日も前回に引き続き、河野太郎大会実行委員長より開会挨拶を頂きました。
     

    事務局より大会概要や業務共有内容の説明の後は、各業務に分かれての分科会。
     

     

     

     

     

     

     

    初めてのリーダーの方、昨年もリーダー経験を積まれた方、今回からチーフを務めて頂く方、ご自身がランナーでもある方等、いろいろな角度からの見方があり、そしてそれぞれが湘南国際マラソンをいい大会にしよう、という目標に向かっており、本当に様々な意見を聞くことができました。
    来月の一般ボランティア準備会へ向けて、この日頂いた意見をなるべく多く反映、活用させて頂かなければいけませんね。

    皆様、白熱の議論、お疲れ様でした!

    さて、午後にはブロック長、サブブロック長の方々と事務局合同での毎月の定例会議であるボランティア会議が開催されました。
     

    大会製作物の準備から一般準備会へ向けてのルールの統一など、議題は様々。
    来月には一緒に現場へ行き、実際に現場を見ての最終確認を行います。

    あと54日。
    皆様にとっては、‘まだ’54日ですか? ’もう’54日ですか?
    どちらにしても‘Time is limited’ 時間は限られています。
    悔いのない一日一日を過ごしていきたいですね。

    今週末はいよいよ
    第12回 歴史街道丹後 100kmウルトラマラソンです!

  • 先日の集合写真です!
    みなさまお待たせしました!!!

  • 9月1日~2日、平塚総合公園にて第15回24時間ゆめリレーが開催され、計48名のボランティアスタッフの皆さんにご協力を頂きました。


    8月31日、参加特典の封入作業    


    のぼり旗の設置

    9月1日、朝から集まって下さったボランティアスタッフの皆さんに、当NPO法人理事長の坂本より激励の言葉が。

    この日は湘南国際マラソンのプレイベントのハーフマラソンや、ちびっこマラソンもあり、会場はたくさんのランナー達で賑わっていました。

    しかし・・先週一週間はずっと天気が良かったのですが・・・
    ちびっこマラソンやゆめリレーの参加者受付が始まった瞬間、、、
    突然の大雨!!

    ランナーの皆さんは走る前からずぶ濡れ、スタッフテントの中も浸水し、いきなりの厳しい出だしとなりました。

    その後も雨が上がれば強い日差しが、と思えばゲリラ豪雨が、の繰り返しでしたね。。

    24時間の部と6時間の部がスタートするとき、スタート地点にはこんな水たまりが。

    スタッフが何とか水をかき出そうとしましたが、自然の力にはかなわず、ランナーには走りづらい足元となってしまいました。

    特に雨が激しかったのは夜中の3時ごろ。
    雨と寒さで、ランナーの皆さんには本当に過酷な状況でしたね。

    雨の中、チームの仲間と一丸となり激走する選手、自分と闘いながら走りぬく個人参加の選手、見ているだけで涙があふれてきます。
    合羽を着て一生懸命選手を応援しながらサポートするボランティアスタッフの皆さんにも、頭が下がります。

    自然の脅威には逆らえませんが、だからこそ見えてくる人間の力や、チームの絆があるのだなと感じました。

    こんな天気でしたが、24時間の部には144組のチームと93名の個人参加ランナーが、12時間の部には62名の個人参加ランナーが、6時間の部には200組のチームと188名の個人ランナーが参加し、激走を繰り広げました。
    ちびっこマラソンにも、157名のちびっこたちとお父さん、お母さんが一生懸命走りました。

    今回の大会はあいにくの天気で心身ともに疲れた方も多いと思いますが、これもまたいい思い出!

    雨の中、ご協力頂きましたボランティアスタッフの皆さん、
    どうもありがとうございました!!!

    また次の大会で会いましょう^^!!

  • 先日送付させて頂きましたボランティア準備会のご案内に一部誤りがございました。
    皆様には大変ご迷惑をおかけしてまことに申し訳ございません。お詫び申し上げます。

    「ボランティア参加者への担当業務・ボランティア準備会のご案内」
    (誤)⑥10月18日(火)臨時準備会 夜間の部18:30~20:00
         ↓
    (正)⑥10月2日(火)臨時準備会 夜間の部18:30~20:00

    ※対象業務:コース上誘導、スタート誘導、フィニッシュ管理、会場内案内、荷物置場、通訳